いしきの花道!

達人への最短ルートを探してます

伝授「イメージを実現する方法」 動けないのは、○○のせい! 3

ぐらっちぇ~ ずらいむです!

 

昨日の続きで~す。

 

昨日は、

イメージを実現するためには、気合は不要!

必要なのは「わくわく感」だぞっ!!

f:id:slime3:20220111004350p:plain



と書いたところです。

 

さてさて、やっと本題に入らせていただきま~す。

『「イメージを実現する方法」 動けないのは、○○のせい!』

 

この○○には、無知が入ります。

そして、ここからは私の独断と偏見の意見ですから、軽ーい気持ちで読んで頂ければ幸いです。

 

私たちが、イメージを実現するためには、動く必要があります。

考えてるだけ、思っているだけでは、この地球上では何も変わりません。

アイドルになりたければ、歌って踊らないといけません。

お笑い芸人になるためには、スベる覚悟で、ギャグをぶちかまさないといけません。

学校の先生になるためには、大学で教員免許を取る必要があります。

ブログで成功しようと思えば、ひたすら記事を書く必要があります。

身体動作を極めたければ、ひたすら修行をする必要があるのです。

 

何事をするにも、対価として、時間と行動を費やす必要があります。

お笑い芸人の錦鯉は、相当の下積みを積んでいますし、会社経営者として成功している人も、それに見合った修行をしています。

 

アメリカの前トランプ大統領も、ある意味、修行の下積み人生を送ってきたと、私は思うんです。

だって、前トランプ大統領には、まともな友達はいなかったんじゃないかと思うんです。

日頃、周りにいるのは、トランプ氏の金目当ての人ばっかりで、本当の友達はいなかったんじゃないですかね~

これって、ある意味、修行であり、下積み時代だと私は思うんです。

 

かなり、話が飛び飛びになって、分かりづらくなってすみませんが、、、、

私が言いたいのは、何かを得ようとすれば、それなりの対価(下積み)が必要だということなんです。

 

ただ、下積みは苦しみである必要は、決してありません。

下積みは、わくわくしながら、するものだと私は思います。

例えば、野球選手のイチローは、あれだけ練習してましたけど、苦しんだとは私は思いません。

野球が好きだから、練習をしていただけだと思うんですよね~

したいことを実現するための下積みは、ただただ、楽しいだけになるはずなんです。

 

またまた、私の早起きを例にしてすみませんが、

早起きして、ブログを書こうと思ったとき、

気合をいれて、苦しみながら早起きする必要はないわけです。

 

ブログを書く、わくわく感を味わうために、楽しみながら起きればいいんです。

そして、わくわく感を味わうためには、それなりの対価、、、、

つまり、二度寝をあきらめることが必要なんだと理解する必要があります。

 

この対価の仕組みを理解したとき、無知を脱することができます。

なにも対価を払わずに、万引きするかのごとく、お菓子だけ食べようとすることが、そもそもの間違いなんです。

お菓子をいっぱい食べたければ、お小遣いを貯めればいいんです。

お小遣いを貯めている最中は、お菓子をイメージしているので、貯金は苦しみではなく、わくわくしながら貯金をするのが、正しいイメージ方法なんです。

 

このイメージ方法と、このブログのテーマである脱力を、合わせて使いこなせるようになると最強だと私は思っています。

 

もちろん、現時点の私は、早起きもできない なんちゃって武道家ですから、今はきっと対価を支払っている最中なんです。

 

今の私を野球選手のイチローに例えると、まだ小学生で地元チームの監督だけがその才能に気がついているだけの状態かもです。

プロ野球選手になるためには、今後まだまだ沢山の対価を支払う必要がある状態なんです。

 

まあ、そもそも 私をイチローに例えること自体がチャンチャラおかしいと思われるかもしれませんが、そうしないと物語は面白くないわけです。

ドラゴンボールの孫悟空は、天下一武道会で優勝したい、優勝できると思ってないと、マンガは売れないのです。

 

脱力して、面白く、わくわくしながら、なんとな~く、イメージを目指すことが大事だと思います。

そして、イメージの実現には、それに見合った時間と対価が必要だと思うんですよね~

 

ちなみに、私が武道の極みに行くためには、私はあと40年ほど時間がかかると思ってます。

たぶん、90才を過ぎて、老人ホームでトロトロのおかゆを食べながら、極みに到達するんだろうなぁ って思ってます。

めざせ、老人ホームの達人!! 笑

f:id:slime3:20220111003817p:plain



ではでは、続きはまた明日~