いしきの花道!

達人への最短ルートを探してます

体にチカラを入れない工夫 1

グラッチェ グラッチェ~ ずらいむ です!

 

前回は、

1 体のコリ

2 感覚のサビ

3 意識・心のコリ

が脱力の邪魔をしている。

体のコリの原因はチカラの入れすぎ~

と書いたところでした。

 

今日は、体にチカラを入れない工夫を、いくつか書きます。

 

f:id:slime3:20211218184310p:plain



最初に申し上げますと、以前にも書いた通り、体にチカラを入れない ことは、大変難しい事です。

もしかすると、人類の最大のテーマなのでは???
と私は思っているくらいです。

人類最大のテーマですから、偉大なる過去の先人たちも、体にチカラを入れない工夫を書き残しているところですが、、、、、

あまりにも難しくて私には理解できません。

なので、今回は私の独自解釈で書きます。

(もちろん、今回もパクリ元はあるのですが、、、笑)

 

体にチカラを入れない工夫と言っても、実はやることは1つしかないと思ってます。

イメージする、、、、だけです。

 

だって、体にチカラを入れないためには、体を使わないのが一番です。

体を使わずにできる事といえば、、、、、

私は、イメージ、妄想しかないと思うんですよね~


私がいつもイメージしてるのは、

  • 操り人形になる
  • 体をバターに例えて、溶けて無くなるとイメージする
  • 筋肉を動かしている電圧を、100ボルトから乾電池レベルまで下げる
  • 筋肉を動かしている体中の電気を足の裏から地面に流す
  • スーパーに並んでる「パック肉」になる 笑
  • 血管がスムースに流れるように、筋肉を緩める
    (ギュッと握ったホースの手を緩めるイメージ)
  • 筋肉を使わず意識だけで動くようにする
  • 筋肉を使わないようにするため、重心移動を最大限に利用する
  • 重心移動は、身体的重心と意識的重心を使い分ける
  • そもそも自分の体自体が存在していないと思い込む
  • この世の物質は実は存在しておらず、意識エネルギーが物質のように見えているだけだと思い込む

 

うゎっ 上の記事を改めて読んだら、オレって、ヤバいやつじゃん!! 

ブログだからこんなこと書けるけど、職場でしゃべったら、即リストラ要因だな 笑

最初の数個は普通のことだが、最後の2つは完璧にヤバいぞ~

 

しかし、何とか「体のコリ」については、あらかた記事に出来たような気がします。

あっそうだ、もう一つ書くのを忘れてました~

 

明日は、書き残しをかいて、あさってから「感覚のサビ」を書きたいと思いま~す。

 

ではでは また明日~

 

↓ パクリ元ネタ